ニュース

オーディオ製品のサブスクリプションサービス ONZOとは

2020.04.05

オーディオ製品のサブスクリプションサービス ONZOとは

2019年10月にテストサービスインした、オーディオ製品のサブスクリプションサービス ONZOに注目が集まっている。ついにオーディオもサブスク時代へ突入した。

ONZOのオーディオ製品サブスクリプションレンタルサービスは、月額およそ2,000円からハイレゾ対応製品をレンタル可能。レンタルして気にいった商品をONZOのサイトで購入することもできる。

ONZOスタッフに伺うと「昨年サービスインした高音質ストリーミングサービス mora qualitasは、今後スタンダードな音楽の楽しみ方になると思います。しかし、その品質を表現できる音響インフラがなければ、そういった世界は実現することはできません。ONZOでは、ハードウェア側から支援していきたいと考えております。」と。

※PHILE WEBインタビュー「 注目サービス『ONZO』の魅力と特徴を創設者に訊く!」

ONZOは自宅に配送するサービスでユーザーの居住地を選ばない。地方在住者はどうしてもハイエンドオーディオを試すことが難しい、ONZOはその問題も解決する。同時に複数レンタルで聴き比べできるので、買い物の失敗を防ぐこともできる。月額約5,000円のプレミアムプランでは、ONKYO SN-1やVICTOR HA-WM90-Bなど、30万円を超える機器もラインナップされている。また、イヤホン・ヘッドホンだけでなく、STAX SRM-700TやIBASSO AUDIO DX220などのプレイヤー・周辺機器もあり、サブスク会員になると購入時に割引特典が受けられる。詳しくは、ONZO HPでご確認いただきたい。
 
5Gがスタートし、ハイエンドオーディオも手に入りやすくなった今、良い音を聴くということは、”願望”ではなく”ごく普通”になりつつある。今一度、自分の音楽体験を豊かにしてみるのはいかがでしょうか?

「ニュース」の全ての記事を見る